So-net無料ブログ作成

リボルテック ミニチュア 新劇場版エヴァンゲリオン零号機 エヴァンゲリオンレビュー [新世紀エヴァンゲリオンレビュー]

今回はリボルテックシリーズより、新劇場版エヴァンゲリオン零号機をご紹介。

リボミニ零号機 (1).JPG
新劇場版:序で登場した零号機です。
このフィギュアも箱にいれたまま、大事に大事に長い間保管(ほったらかし?)にしていたものです。
初めてだして遊んでみると思わぬ悲劇が!

リボミニ零号機 (14).JPG
やはり買ってすぐに遊ぶのが一番ですね。
それでは、れっつエヴァンゲリオンレビュー!

スポンサーリンク


リボミニ零号機 (2).JPG

リボミニ零号機 (3).JPG
前後です。
エヴァ特有の細身のデザインで、ちょっと生ものっぽい感じが出ています。

タイトルにミニチュアとあるように、この零号機は通常のリボルテックシリーズのミニチュア版となっています。

リボミニ零号機 (4).JPG
通常サイズのエヴァンゲリオンの機体がなかったので、以前紹介したパトレイバー2号機と比べてみました。
もともとの設定サイズが違うのであまり大きさの違いが分かりませんね。
実際は通常サイズより3割ほど小さくなっているんですよ。

リボミニ零号機 (5).JPG
可動はさすがリボルテックと銘打っており、本家顔負けと言わんばかりによく動きます。
本家との違いは、首の根元のみが可動するので顔を左右に振ることができません。
手首も腕と一体となっています。

リボミニ零号機 (6).JPG
それでもこの滑らかな動きが表現できるんですね。

後で気が付いたんですが黒のプレート状のスタンドが付属していました。
足の裏にダボ穴があいていたんですね、気づかなかったな~。

リボミニ零号機 (7).JPG
体も腰と胸の二か所で動かすことができるのでのけぞりもばっちり。
これから行くぞ!って迫力が出ています。
足が小さくてもしっかり自立できてますね。

リボミニ零号機 (8).JPG
背中から見えるリボルテックの関節が少し残念かなと。

リボミニ零号機 (9).JPG
見よこの躍動感!
しかしこの時悲劇が!!

右脚をグリンとひねると、いとも簡単に付け根から外れるじゃないですか!?
やっぱり箱に入れっぱなしで、可塑剤なんかで劣化しているんですかね。
軽いパニックでその時の写真を撮り忘れたりなんかり。

とりあえず熱した真鍮を軸にして何とか抜けず、可動も取り戻すことができました。
やれやれですね。

リボミニ零号機 (10).JPG
さて、こちらのミニチュアシリーズは付属品が通常版に比べてほとんどありません。
唯一付属するパレットライフル
持ち手は、手首を外すことができないので前腕ごと交換です。

リボミニ零号機 (11).JPG

リボミニ零号機 (12).JPG
両手で身構えるポーズも決まってますね。
顔が横を向かないので正面からは見ない方が・・・

リボミニ零号機 (13).JPG
その後はリボルミニという名前に代わって、キン肉マンなんかも発売されているようです。

とりあえず脚がくっついてくれてよかった。
ではまた!

スポンサーリンク




新着記事

他の記事はこちらをクリック↓
リンク.jpg

nice!(23)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:キャラクター

nice! 23

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。