So-net無料ブログ作成

HGUC グフREVIVE MS-07B ガンプラレビュー [HGUCガンプラレビュー]

今回は、「機動戦士ガンダム」からHGUC グフREVIVEをご紹介。

HGREグフ (1).JPG
こちらのグフは、前回の三男が作成したシャア専用ゲルググに続き、次男くんが作成したキットです。
我が家では破壊王の異名を持つ次男くん。
思いっきり遊んでくれるので、無事な姿のまま写真に収めて紹介できるのはまさに奇跡です!

HGREグフ.JPG
そんな次男が選んだグフREVIVE、壊される前に行きましょう!
それでは、れっつガンプラレビュー!

スポンサーリンク


HGREグフ (2)-horz.jpg
前後です。
以前、三男の作成したグフを紹介したのですが、今は一緒に撮影できる状態ではありませんでした。
(´ー`A;) アセアセ
お手数ですが古い記事を見ていただいて比較してみてください。

大きな変更はコックピットの窓がシールからクリアパーツになっているのと、鼻というかダクト?やっぱり鼻が長くなっていることでしょうか。
こちらの方がグフっぽいと思うのですが、画像を検索してみるとそんなに鼻が長いとは思えません。
なんか貫禄のある顔つきになった気がします。

もともとのキットは、以前長男が作成したHGBF グフR35ベースになっています。
うちの子はグフが好きですね~。

HGREグフ (4).JPG
こちらが付属品を装着した状態です。
前回からの変更点は、シールドが鞘のように収納できたヒートサーベルがはめ込み式になっています。
そのせいで刃が脱着式になっていますが、ヒートサーベルの概念が変わってきてしまいます。
シールドの裏側も単色なので、せめて灰色を入れていただきたかった。

HGREグフ (5).JPG

HGREグフ (6).JPG
ヒートロッドも、以前は真っ直ぐなものと曲がったものの2本付属していましたが今回は1本のみです。
その代わりといっては何ですが、ぐにぐにと好きな形に曲げることができます。
(曲げすぎには注意ですけど・・・)

HGREグフ (7)-horz.jpg
なんかここまで、このキットをあまりほめてない気がするんですけど。
ご覧ください!
なんと、左の画像はフィンガーバルカンの指が可動しているではありませんか!
そして右の画像は、フィンガーバルカンの握り手が付属しています。
ヒートサーベルが二本付属しているので両手持ちも可能です。

スポンサーリンク




HGREグフ (9).JPG
可動はさすがREVIVEというだけあって、無理なくシールドからサーベルが取り出せます。
(つかめないんですけど・・・)

HGREグフ (10).JPG
可動に関しては申し分なし。
ヒートサーベルのクリアの刃が美しいです。
これをあえて磨き、くすみを出す加工もされてますよね。

HGREグフ (11).JPG
シールドを投げ捨ててからの両手持ち。

HGREグフ (12).JPG
シールドが地面を跳ねるよりも早く、一刀両断!
フィンガーバルカンは指を切り離して独自に可動させることができます。
うちには薄刃のノコがなかったので、挑戦される方は自己責任で頑張ってください!

HGREグフ (13).JPG
シールドはもう一つの持ち手を使って、手に携えることができます。
肩周りの可動が素晴らしく、全体の表情が格段に向上しますね。

この記事を書いている時点で、もはや私の周りにはこのグフくんが見当たりません。
しかし、作るなり遊ぶなり子供が喜んでくれているので何よりです。
今回長男の作ったキットは、すでに紹介しているHGUC シャア専用ズゴックだったので割愛させていただきます。

HGREグフ (14).JPG
ということで、以上HGUC グフREVIVEでした。
ではまた!

スポンサーリンク




新着記事

他の記事はこちらをクリック↓
リンク.jpg


nice!(32)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:キャラクター

nice! 32

コメント 2

MINERVA

プロポーションも良く、動きも良いとなれば文句なしですね。
このシリーズ、この先が楽しみです。
by MINERVA (2016-06-01 00:07) 

すてきな30代

MINERVAさん
REVIVEはかなり期待できますね。
最近発売されたギャンがかなり気になりますよ。
by すてきな30代 (2016-06-11 10:25) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0